新たに加わった機能について

どこからでも更新できる

WordPressに対応!

以前は、ホームページビルダーがインストールされているパソコンでサイトを編集し、FTPで転送という作業が必要でしたが、 WordPressに対応したことで、ブログのようにネットにつながれた端末があれば更新ができるようになりました。

もちろん、タブレット端末やスマホからも更新できます
また、複数人での更新もできるので、会社やお店のサイトなど、担当を分けて更新することもできます。

注意しなければならないのは、WordPressテンプレートのみなので、フルCSSは以前のような形で編集が必要になります。

サイトの用途や目的に合わせて選べるのも良いですね。

初心者でも簡単サイト公開

テンプレート選択
   ↓
基本情報(サイト情報)の入力
   ↓
公開

この一連の流れを画面の指示通りに進めていけば、あっという間にサイトが公開されます。 これはテンプレート機能が加わったことで可能になったシステムです。

以前は、1からデザインを考え、作り、ファイルをFTPでサーバーに転送・・・という流れを理解しなければサイト公開は難しかったのが、 これらを案内通りに行うだけでできてしまうのは、初心者の方でも敷居がかなり低くなったのではないでしょうか。

しかもテンプレートはプロのデザイナーがおこしたものなので、自分でデザインするよりもおそらくきれいなサイトが作れてしまうことでしょう。

サーバーも用意されています

サイトを公開するといっても、必要なものがあります。
  • レンタルサーバー
  • 独自ドメイン
  • 契約とネームサーバーの設定
  • FTPクライアントでの転送設定

レンタルサーバーやドメインはお金がかかるものですし、 運用していくにはそれなりの知識も必要になります。
初心者の方は「わけがわからない」」という状態に陥ってしまうかもしれません。

今回のバージョンから、ジャストシステムが運営する「ホームページビルダーサービス」というのがあり、 こちらを契約すれば自動で設定してくれるそうです。
ユーザーなら最大6ヶ月が無料になるので、活用してみても良いかもしれませんね。

ただ、普通にサーバーとドメインを借りるよりも割高になりますが、月額1,480円からのプランが用意されているので 許容範囲ではないでしょうか。

SNSと連携、アクセス解析

SNSが一般的に使われるようになった現代。
その代表格がTwitterですよね。

Twitterとの連携機能があり、反応が大きかったツイート内容や、告知効果の高い時間帯がひと目でわかるようになっています。
Twitterは連携させることでアクセスアップや集客につながりますので、お店やネットショップを経営している方は是非活用してみても良いと思います。

これからはホームページは集客のツールとして活かす時代です。
この機能はかなり嬉しいですね。

また、アクセス解析もできるので、外出先でもアクセス動向をチェックしたりすることが可能に。
スマホでも確認できるのでいつもパソコンの前にいる必要はありません。

このページの先頭へ